気になる疑問に答えます

| コメント(0) | トラックバック(0)

ネット銀行に関するよくある質問に答えていきます。

gimonkotaeru.jpg

 

・結局ネットバンクとはどういうものなんですか?

まずネットバンクの正式名称なんですが、インターネット専業銀行と呼びます。

しかしこの呼び名で会話をする人はほぼいなく、一般的にはネットバンクかネット銀行という単語を使います。

ネットバンクを実際に利用してる人はまだまだ少なく、何となく怪しいイメージを持ってる人もいますが、ネットバンクもきちんとした銀行です。

一般的な銀行を設立するには銀行法に基づいた条件を満たす必要がありますが、ネットバンクの設立にも銀行法で定められた要件をクリアーしなくてはなりません。

具体的には内閣総理大臣の免許と金融庁の認可と資本金が少なくとも10億円が必要です。

つまり建物があるかないかが違うだけで、普通の銀行と同様にまっとうな銀行と言えます。

相違点としては、残高照会や入金、引き出し、送金、外貨立て替えなどの作業を家にいながら完結できることです。

また、土地代、工事費、人件費、光熱費などを節約でき、その余剰金を金利や手数料ゼロのサービスに回せるので、ネット銀行の口座保有者はリアルな銀行口座保有者よりも金銭的に得をできるのです。

日本のネットバンクの歴史はまだまだ浅く、国内初のネット銀行は2000年9月に設立されたジャパンネット銀行です。


・ネットバンクを選ぶときのポイントは何ですか?

ネットバンクをどのように活用するかは人によって違ってくるので一概には言えませんが、大きくは次の2パターンに分かれると思われます。

  •  とりあえず入金と送金ができればいい
  •  金融商品の購入やFXといった投資に積極参加したい



1   とりあえず入金と送金ができればいい


ネットバンクの一番基本的なサービスである入金と送金さえできればいいという人は、住信SBIネット銀行をぜひおすすめします。

当ネット銀行は超簡単に送金が可能で、小難しい機能がついてない分、入金・送金専用に一つ口座を作るにはうってつけだと言えます。

シンプル・イズ・ベストの言葉が似合うのが住信SBIネット銀行です。


2   金融商品の購入やFXといった投資に積極参加したい

外貨預金(普通・定期)や外貨MMF、外貨送金、FXを実践する場合は、ソニー銀行がおすすめです。

当銀行は円を外貨に替えて運用していくことにフォーカスした銀行なので、外貨普通預金の口座を持っていれば、ソニー銀行が扱っている金融商品やサービスを利用するときに、外貨のまま他の外貨建て金融商品やFXの資金に利用できます。

円を経由せず外貨から外貨へスムーズに移行できるので、立て替え手数料も不要です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tvieu.com/mt/mt-tb.cgi/9

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、ベホマが2014年7月22日 20:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニー銀行」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。